手術が必要?

 

包茎は包茎手術で治療する必要があるのか?

 

性器の見た目を気にする男性は多いですが、その中でもよく知られているのが包茎です。大人の男性らしくないと考える傾向が強いことから、手術を受けて、包茎の状態から脱出しようと考える男性もいるほどです。しかし、一般的な包茎状態は健康や生殖機能などに影響を及ぼすものではないため、治療を行う必要はありません。

 

勃起時以外でも亀頭が包皮に覆われている大人の男性は、世界的に見てもかなりの割合でいます。特別珍しいことではなく、むしろ普通の状態ですので、必要以上に心配する必要はありません。ですが、包皮で常に覆われている状態だと、その間に垢などがたまり、不潔な状態になりやすいですので、自分自身やパートナーの健康のためにも、お風呂で丁寧にケアをするようにしましょう。

 

そもそも、勃起時に亀頭が問題なく露出するのであれば、それは包茎ではありません。手術や治療を行う必要がある包茎というのは、勃起時に亀頭が全く露出しない状態や、露出が困難な状態の人です。このようなタイプだと、排尿が困難であったり、性交渉ができないなどの問題を抱えるようになりますので、手術で治療を行うことがすすめられます。

 

ちなみに幼児期に包茎の状態であることが珍しくありませんが、これはまだ成長しきっていないデリケートな亀頭を包皮で守る意味も込められています。殆どのケースで、包皮による覆いが成長の過程で徐々に解消していきますので、慌てて治療を行うことはありません。明らかに包皮が原因で排尿困難の状態に陥っている場合に、医療機関に頼るようにしましょう。

 

治療をする際には、必ずしも手術が必要であるとも限りません。症状が軽い場合には、メスを使わずに行われるケースも存在します。
治療をする必要はありませんが、見た目を非常に気にするあまりに、精神的に苦痛を感じるのであれば、理解のある美容外科にて、手術で形を整えてもらっても構いません。この場合は美容施術になりますから、保険が適用されず、自己負担になります。