仮性包茎に戻る??

 

包茎手術した後に包茎に戻ることはないのか?

 

包茎手術において、包皮を引っ張り、それを輪切り状に切断することで行われるため、通常、仮性包茎に戻るということは考えにくいですが、生活習慣などいくつかの要因が考えられます。

 

1つは包茎治療後に体重の増加がある場合です。体重が増えると、贅肉が包皮をたるませることがあります。結果的に余分な贅肉によって亀頭にまでその包皮がいき、せっかく手術をしたにもかかわらず、また皮がかぶってしまうことが稀ですがあります。急激に太り、急激に痩せると、皮だけが伸びてしまい、結果として再手術ということになってしまいます。ですので、太ればまた逆戻りになってしまうという例があることをしっかり認識しておきましょう。

 

クリニックの中には、本来切除すべき包皮を余らせてしまい、結果として不十分になることがあります。もちろん取り過ぎてしまっては取り返しがつかないことになり、機能面において大きな影響を与えてしまいます。しかしながら、痛い思いをして取り除いたにもかかわらず、また手術を受けなければならないというのは大変苦痛です。こうした失敗をしがちなクリニックは値段がやたら安いところであったり、研修が行きとどいていないなど様々なことが考えられます。

 

また、真性包茎の時などに行っていた自慰行為を包茎手術をした後に同じようにやることで皮が伸びてしまうということもあります。これはかなりレアケースといえ、これに関してはあまり考えなくてもいいでしょうが、独特なやり方をしている人は今一度考えなおすことをおすすめします。

 

包茎手術を受けて、また仮性包茎に戻ることは、普通に生活を送る以上まずありません。クリニックではむしろ切り過ぎないように、そして、見た目に不自然さが残らないようにするため、ミリ単位での手術や治療が行われます。口コミの情報はもちろんのこと、カウンセリングなどで医師の話を聞くなどして、信じられないようなミスをしそうなところを回避するようにしましょう。