包茎とは男性のペニスに包皮と呼ばれる皮が覆いかぶさっている状態をいいます。

 

日本人男性には包茎が多いのか?

 

これは主に3つの種類があります。

 

まず日本人に最も多いのが仮性包茎です。これは包皮が余っているため、ペニスに包皮が覆いかぶさってしまう状態をいいます。この場合はいざ性行為を行う際には簡単に包皮をむくことはでき、勃起していない時にも包皮をむくことができます。この場合は放置しても健康に影響することはないため、さほど心配の必要はありません。

 

続いて真性包茎に関してですが、これは自分で包皮をむくことすらできない状態をいいます。この場合、ペニスと包皮が癒着してしまっています。もし無理やり包皮をむこうとするとペニスが傷ついたり出血することがあります。若年者の場合には年齢を重ねるにつれて自然と包皮がむけるようになることもあるようです。

 

最後にカントン包茎に関してですが、これは包皮の先端の開口部が狭いためにペニスが外部に露出できない状態をいいます。これは亀頭を圧迫したり、ペニスを傷つけたりする可能性があります。

 

この治療に関してですが、真性とカントン包茎に関しては手術が必要となってきます。仮性包茎の場合には必ずしも手術は必要ありません。しかし温泉や性行為の場で見た目が気になったり、恥垢の臭いが気になる場合には手術を行うケースもあります。
ところで日本人と外国人でこの包茎になる確率は異なるのでしょうか。ここからはそれについて解説します。

 

日本人では70%の確率で起こっていると言われています。ちなみにそのうち80%は仮性の症状であると言われています。一方、アメリカでは1970年代の調査では70%の確率で起こっているというデータが残っています。つまり起こる確率は日本と海外ではさほど変わらないと考えられます。ただしアメリカでの調査は割礼を行っている例を除いたデータとなっています。諸外国では盛んに割礼が行われているため、包茎男性の割合は実際はもっと少ないことが予想されます。