病気・性病の話

 

包茎は病気・性病の原因となることも?

 

包茎状態は単に見た目の問題だったり、性行為の際の支障になるといった問題があるだけではありません。時には包茎が原因で病気になったり性病に繋がってしまうこともあるのです。

 

そして特に問題になり易いとされているのが真性包茎です。包茎のタイプとしてはその他にも仮性やカントンといったタイプがありますが、これらのタイプですと皮を剥いて洗うことができます。しかしながら真性の場合ですと完全に剥くことができない状態となっていますので、亀頭と皮の間に雑菌が繁殖してしまい易い状態になるのです。その為、繁殖した雑菌が原因で病気や性病を発症させてしまう恐れがあります。また、雑菌が繁殖すると尿や垢などが溜まってしまって臭いの原因にもなりますから、特に病気などは問題なくても強い臭いによって困らされてしまうかもしれません。

 

包茎の場合の対策方法ですが、改善させる為には手術をして治療をする以外にないとされています。仮性包茎の場合は勃起状態になった時に皮が自然に剥けますが、カントンと真性の場合ですと自然に剥けることがありません。無理に剥こうとすると痛みを伴いますし、さらには亀頭が締め付けられる状態になって細胞が壊死する恐れもあるのです。ですから無理に剥くようなことはしない方が良いですし、剥けないゆえに自力で治すことは難しいです。

 

手術を受けることで包茎を治すことができますが、ただしばらくは刺激に我慢をしなければいけません。ずっと亀頭が隠れていた状態ですと外的な刺激に弱く、下着と擦れただけでも痛みを感じてしまうことがあるのです。その為、包帯が取れてからしばらくは固定する為にもブリーフやボクサーパンツをはくなどして対処をした方が良いでしょう。刺激に慣れていくことでやがて痛みを感じることはなくなりますし、摩擦にも強くなりますのでしっかりと汚れも落とせるようになり、雑菌の繁殖のリスク及び性病になるリスクも軽減するはずです。