泌尿器科かクリニックか

 

泌尿器科かクリニックかどっちで包茎手術を受ける?

 

包茎の治療の一つには手術があります。カントン包茎や真性包茎などは保険適用もされている病気の一つとして考えられており、場合によっては緊急性があることもあります。しかし手術を受けるといっても専門のクリニックで受けたほうが良いのか、それとも泌尿器科で大丈夫なのか迷ってしまう人もいるでしょう。見た目を気にする方の場合は美容外科クリニックで受けるという人もいます。しかしほとんどの方の選択は専門クリニックか泌尿器科のどちらかとなるでしょう。

 

泌尿器科での手術では真性包茎のみが保険適用となります。これは原則としてということであって、実際は重度の仮性包茎やカントン包茎でも保険適用となる場合もあります。この費用面の違いは大きいでしょう。専門クリニックでは真性であっても保険適用はされないからです。保険適用となれば手術の費用はおよそ2万円から5万円ほどですみますが、適用されなかった場合は10万円から30万円となってしまいます。

 

しかし逆に技術面という点では専門クリニックに軍配が上がることも多いです。泌尿器科は治療が目的のため、見た目の美しさについてはそれほどこだわりを持っていない場合があります。するとペニスがツートンカラーになってしまったり、場合によっては感度が落ちてしまうこともあります。そういう意味では専門クリニックは見た目や機能を保つという点も日々研究されているので安心して受けることができます。また専門なだけに手術なども泌尿器科よりも多く経験している医師が多く、腕の良さも期待することができます。対応についても泌尿器科は普通の病院ですから、包茎の悩みを受けるという患者に対しても他の患者と同じような対処となることが多いですが、専門クリニックは同じ悩みを持つ患者しか来ませんから対処も細かく、他の患者となるべく顔をあわせないように接したり、男性スタッフをそろえることで相談しやすくしているなど工夫をしていることが多いです。