千葉で包茎手術する前に|信頼度の高い人気クリニックは?

 

【千葉の包茎手術まるわかり】実績豊富なクリニックのみ掲載

 

包茎で悩んでいる方は実はとても多いです。
しかし、どこの病院に行けばいいのか、そもそも何科にかかればいいのか、分からなくて困っている人も大勢いるのではないでしょうか。
まず、泌尿器科での治療を考えている方もいらっしゃると思いますが、泌尿器科よりも専門のクリニックの方がおすすめです。
単純に、包茎の治療を専門に行っているから技術力が高いという理由もありますが、泌尿器科でも包茎治療は行っていますので、技術力が極端に劣るということはあまりありません。

 

区別するならば、泌尿器科は泌尿器全般を診てくれるところ、包茎クリニックは泌尿器科の中でも包茎治療に特化しているところと考えられます。

 

しかし、特化している分多くの症例を診てきているため経験も豊富なのは言うまでもありません。
また、泌尿器科では包茎を治す、ということに重きを置いているため、手術痕を目立たなくさせるなどと言った点には配慮してくれないことが多いのです。

 

専門のクリニックであれば、手術痕をいかに目立たなくきれいに見せるかという点にも気を配ってくれます。
これらの理由から、包茎の場合は泌尿器科よりも専門のクリニックの方がおすすめなのです。
千葉で治療する場合にももちろん同じことが言えます。

 

そして、包茎の種類や治療の予算によっても選ぶ病院は変わってきます。
仮性、真性、カントンなど、症状もさまざまなので、手術方法や治療の費用なども病院によって大きな違いがあります。
中には切らずに治せるものもありますので、ある程度事前に勉強しておくことも必要です。
また、自分できっちりと希望の手術方法や予算を決めておくことも、後々のトラブルをなくすためには大事です。
オプションでつけられる手術や、アフターフォローなどもきちんと確認してから手術に臨むことをおすすめします。
とても大事な手術ですので、安易に近くの泌尿器科に行くのではなく、きちんと自分の希望に合った病院を探しましょう。

包茎の種類

 

【千葉の包茎手術まるわかり】実績豊富なクリニックのみ掲載

 

ある程度の年齢に達すると、ペニス先端部の皮膚が付け根方向に後退し、亀頭が露出するようになります。しかし何かが原因で、大人になっても亀頭に皮が被ったままの状態である場合があります。これが包茎です。包茎にはタイプがあり、もし悩んでいる方がいたら、まずは自分がどのタイプのものかを知るのが大切です。それではどんなタイプのものがあるのでしょうか?

 

まずは仮性包茎です。もっとも多いタイプのものと言われており、通常時は亀頭に皮が被った状態ですが、手でむけば亀頭が露出する状態です。特に日常生活に支障はなく、性交の時にも特に痛みは感じませんが、放っておくと、白いぶつぶつが出来たり、溜まったカスが臭ったりというリスクが出てきます。更に悪くなると、バイ菌の温床になって性病の原因になったりもするので、早めの治療をお勧めしている場合があります。

 

次にカントン包茎です。これは、通常時はどうにか亀頭を露出することが出来ますが、包皮の出口が狭いため、無理にむくと亀頭を締め付け、元に戻らなくなる場合があります。軽度なカントン包茎は、締め付け感を我慢できれば大丈夫ですが、重度なものになると、無理にむいた時に亀頭が鬱血し、放っておくと壊死してしまう場合があるので、クリニックで処置をしてもらわなくてはなりません。
やはり、臭いを発したり、ぶつぶつが出来たりして、性病の原因にもなります。このように大きなリスクがあることから、早急な治療をお勧めしているようです。

 

そして真性包茎です。これは包皮口が非常に狭く、包皮と亀頭が癒着していることから、通常時でも皮をむくことができません。常に包皮が亀頭を覆っているので、先細りしたペニスとなり、通常のセックスは不可能です。極度の衛生状態の悪化で、陰茎癌になる恐れもあります。包皮が邪魔をし、精子が子宮に十分な量を届けることが出来ず、不妊の原因にもなり、多くの面で支障をきたすので、早めの治療と手術が必要になります。

 

手術は不安がつきものですが、しっかり設備の整った、カウンセリングを十分に行っているクリニックを慎重に選びましょう。

有名なクリニック

 

【千葉の包茎手術まるわかり】実績豊富なクリニックのみ掲載

 

18歳ごろまでに包皮が剥けていないと包茎と呼ばれます。日本人の半数以上がなっているというデーターもあるほどで、決して珍しい状態ではありませんが、恥垢などがたまりやすく、炎症を引き起こしやすいと言えます。包茎自体は病気ではなく、恥ずかしいことではありません。ただ、匂いや性病、感染症などの二次的な問題を生じやすくなってしまうので、よく洗うなどして清潔な状態を保つ必要があります。包皮のために清潔にするのが難しい場合は、治療や手術を考えるのもひとつの手段です。

 

デリケートな問題なので、できるだけ信頼できる医師にみてもらいたいと誰もが考えます。千葉で信頼度の高い人気クリニックは、いくつかあります。

 

まず、タートルネックの男性の広告で有名な上野クリニックは、累計22万人もの患者さんを治療した実績のあるクリニックです。状態に合わせた的確な治療をすることに定評があり、手術の際も自然な仕上がりになるように配慮してくれます。麻酔の状態にも気を配った無痛法は好評で、カウンセリングの実施もしてくれるので安心です。

 

東京ノーストクリニックは、包茎の専門クリニックとして、カウンセリングのときからプライバシーに配慮してくれます。高い外科的技術だけでなく、美容整形の観点からも手術を行っていて、きれいな仕上がりにこだわっています。抜糸のための来院が不要などのメリットもあります。手術だけでなく、様々な治療も行っていて、自分の状態に最適な治療ができます。

 

ABCクリニックは、医師だけでなく、カウンセラーがついて相談にのってくれるのが安心です。安心、安価、安全をモットーとした治療を提供していて、無料でメール相談やカウンセリングも受けることができます。アフターケアまでが治療費に含まれているので、分かりやすい会計が好評です。もちろん、治療や手術についても患者さんひとりひとりの希望や状態を確認して行ってくれるので、心配なことがあれば気軽に相談できます。

千葉県内及び近郊には多くの包茎治療を行っているクリニックがあります。

 

【千葉の包茎手術まるわかり】実績豊富なクリニックのみ掲載

 

男性にとって非常に大きな悩みである包茎を解消する為には、手術による方法が非常に有効です。ただし、適当なクリニック選びをしてしまうと状況を余計に悪化させてしまったり、新しい悩みを抱える原因となってしまう可能性があるので十分に配慮する必要があります。

 

そもそも包茎の状態には個人差があります。真性・仮性・カントンなど種類があるのは知られているとして、それぞれの種類ごとに更に複数の状態があるので用いられる手術方法にも違いがあります。切るか切らないかという違いと言う訳では無く、どの部分をどの程度施術するのかといった詳細な違いがあり、その人ごとに懸念すべきリスクが違ってきます。その為、包茎手術を受ける前にはしっかりとしたカウンセリングを行っていくことが非常に重要です。

 

人気のあるクリニックの多くは、このカウンセリングに非常に力を入れています。患者がどんなことに不安を感じ、どんな期待を持っているのかということをしっかりと聞き、その方向性を重視した提案をしてくれるクリニックは「おすすめ」という事が出来るでしょう。中には、クリニック側の一方的な意見しか反映されず、希望通りの結果を得ることが出来ないという場合もある為、「最終決定はカウンセリングを受けてから」と割り切って客観的な目線で評価するように意識すると良いでしょう。場合によっては、より高額な治療方法を提案されるという場合もありますが、執拗な場合は消費生活センターなどに相談すると良いです。

 

カウンセリングに満足することが出来たならば、ようやく最終的な比較に入ります。最終的な決定要素となるのはもちろん「技術力」です。公式サイトなどに掲載されている治療例などを参考にするのも良いのですが、画像は簡単に加工することが出来るので信憑性としては薄くなります。ネット上に掲載されている体験談などを参考にして判断すると、より多くのリスクを回避することが出来ます。

包茎手術の痛さ

 

【千葉の包茎手術まるわかり】実績豊富なクリニックのみ掲載

 

包茎手術とひと口に言っても、患者のペニスの状態や包皮のあまり方によって、その手術法は決定されます。一般的に包茎手術と言うと、余った包皮をメスで切り取って亀頭が出てくるようにするもので、多くの人がこのイメージを持ち、通常の手術でもこの方法が利用されます。

 

ただし、仮性包茎と呼ばれる包皮のあまりが少ない人の場合は、切り取らないノンカット法と呼ばれるものとなり、手術用の糸で包皮を数カ所縫うか、接着剤で固定して剥きクセをつける方法をとります。この方法なら術後の痛みもなく、時間もとらないので費用も安く済みますが、包皮のあまりが多く真性包茎の人だと利用できないものとなっています。

 

包皮を切り取る方法は、局部麻酔あるいは全身麻酔をしてメスを入れていくので、最初の麻酔を注射する際に痛みを感じることはありますが、手術中はペニスやその周囲がマヒしているので、触られているという感覚があっても切り取られる痛みは感じることがありません。包茎手術は基本的に入院が必要なく日帰りとなっているので、ダウンタイムも短く痛みもないと捉える人も少なくありませんが、実際に麻酔が切れた頃になると痛みを感じるようになります。

 

痛みの程度は個人差があるのではっきりとしたことは言えませんが、術後から1〜2週間くらいは下着に擦れたりすると、指で弾かれたような痛みを感じることがあります。人によってはじんじんとした痛みが続くこともあり、最初の1週間はなかなか寝付けないといったことも少なくないようです。どうしても耐えられない痛みの場合は、手術を受けた病院に連絡して痛み止めを処方してもらうと良いでしょう。

 

また、真性包茎の人は包皮に包まれていたことで亀頭が刺激に慣れておらず、空気に触れるだけでも敏感に反応してしまいます。そのため、治療後に剥き出しになった亀頭が下着に擦れたり何らかの刺激が加わると、強い刺激から痛みへと変換されて辛く感じることも少なくありません。この部分は徐々に刺激に慣れるものなので、時間はかかりますが我慢して慣れるようにしましょう。